TILE


このTILE(タイル)もアイボリー、ブラックをベースに多くの靴を作成していた頃です。
大きなプレートをそのプレートの土台となるように裁断したバンドに取り付けました。
四角ばかりで、四角を楽しんでいただくことになったTILE(タイル)です。
実は、実際履いてみるとこのバンドの鋭角になった部分が足にささります。
最初はこの角が足にあたり、私も足が傷ついてしまいましたが、使用しているエナメル革がなじんでくるころには、ヒールも7.5cmと低めでしたので履きやすくなってきたかなと感じました。
足に当たるとはわかっていたのですが、四角いプレートを四角いままの状態で残したかったということからこのデザインで作成したわけですが、プレートの輝きとアクセントが面白く、綺麗に出たかなとは思っています。




  

SEARCH

PAGETOP