TURBAN-A


私には横から見た姿がターバンを着けた人の顔の様に見えます。
そしてそこからturbanと名付けました。
3段に分かれて靴を覆いかぶせる様なターバン、そして燕尾の様にターバン部分が下に伸びて、そこから捻ったヒールが見えるところもデザインの一つです。
素材と色使いが異なるturban(ターバン)ブーティーシリーズですが、こちらのturban-a(ターバン-A)はbに比べシンプルに使いやすいものになったと思います。
ターバン部分の3つの真ん中に使用することによって、境界が明確になりこのブーティーturban-a(ターバン-A)の表情を膨張することなく締めることができるのではないかと思いました。
特にアイボリーは肌に馴染み易い色ではありますが、色自体でも膨張して見えやすい色でもあるので材料の配置でわずかなアクセントを与えることができたのではないかなと思います。
このターバン部分、どの様に紙型を切り、縫製していくかについて工場側と時間をかけて話し合いました。
3つに分かれているということに苦戦しましたが、完成させていただいた工場に感謝です。




  

SEARCH

PAGETOP